ASUS、デュアルレンズカメラ搭載、急速充電対応の「ZenFone 4」

PC Watch 2017年09月15日(金)11時00分配信
「ZenFone 4」

 ASUS JAPAN株式会社は、デュアルレンズカメラを搭載したAndroidスマートフォン「ZenFone 4」を9月23日より発売する。ミッドナイトブラック、ムーンライトホワイトの2色が用意。価格はオープンプライスで、税別店頭予想価格は56,800円前後。

ミッドナイブラック
ムーンライトホワイト

 ZenFone 4はシリーズ共通の特徴でデュアルレンズカメラを搭載。本製品は、背面に1,200万画素、f1.8、画角83度、サイズ1/2.55インチのソニー<6758>IMX362センサーと、800万画素、画角120度のセンサー/レンズを搭載。通常のスマートフォンの約5倍以上の明るさでの撮影や、2つのカメラを組み合わせた背景ボケのある写真(後日アップデートでの対応)、RAW撮影にも対応する。

 Nano SIMスロットを2基備え(1基はmicroSDカードスロットと排他利用)、DSDS(デュアルSIM、デュアルスタンバイ)に対応。いずれもLTE通信が可能(同時LTE通信は不可)。

 これにより、2つの電話番号を利用できるが、独自のZenUI 4.0により、LINE<3938>などの電話番号認証が必要なサービスについて、それぞれの電話番号で認証した2つのアカウントに紐付けけてアプリをインストールできる。そのためアプリ内でアカウントを切り替えることなく、あるいは1つのアカウントにしか対応しないアプリでも、たとえば個人アカウントと業務アカウントのアプリを切り替えて立ち上げられる。

 おもな仕様は、CPUがQualcomm Snapdragon 660(8コア)、メモリ6GB、ストレージ64GB、1,920×1,080ドット表示対応5.5型Super IPS液晶ディスプレイ、Android 7.1.1を搭載。スピーカーはDTS<9682> Headphone:X、ハイレゾに対応する。

両側面

 インターフェイスは、前面800万画素カメラ、IEEE 802.11ac無線LAN、Bluetooth 5.0、USB Type-Cなどを搭載。通信対応バンドは、FDD-LTEがB1/2/3/5/7/8/18/19/28、TD-LTEがB38/39/40/41、W-CDMAがB1/2/3/5/6/8/19、GSM/EDGEが850/900/1,800/1,900MHz。LTEは3CA(キャリアアグリゲーション)、auのVoLTEに対応。

 本体サイズは75.2×155.4×7.5mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約165g。バッテリ容量は3,300mAhで、通信時間はモバイル通信時が約17.2時間、Wi-Fi通信時が約18.7時間。36分で約50%まで充電可能な急速充電に対応する。

PC Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)11時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。