3つのRyzenで部屋を暖めるヒーター「Q.rad」

PC Watch 2017年09月15日(金)13時11分配信
Q.rad

 フランス企業QARNOTが2016年に発表した、CPUを熱源にしたヒーター「Q.rad」を覚えているだろうか(関連記事:ありそうでなかったハイエンドCPUを熱源にしたヒーター登場参照)。内部は一般的なPCだが、CPUなどから発生する熱を表面の大型ヒートシンクで放熱することで、暖房器具として機能するものだ。

 Q.radはクラウドを利用した分散コンピューティングシステムの端末であり、内蔵されたCPUの処理能力を金融機関など他社に提供し、使用した電気代をユーザーに還元することで、無料で利用できるという、画期的な暖房器具だ。

 2017年の1月に天板デザインを木目調に一新したモデルが発表されており、3つのコンピューティングユニットを内蔵し、500Wの消費電力を達成した。CPUに4GHz駆動のCore i7を採用する。

 このたび、AMD公式のYouTubeチャンネルが8月31日に上げた動画で、新たにRyzen 7を採用したモデルが追加されることが明らかとなった。

 8コアのRyzen PROプロセッサを採用することで、従来の4コアと同じ価格で2倍のコアを提供できる。Blenderによるベンチマークでは、Intelと比較して40%~45%の性能向上を実現するという。また、Ryzen PROに内包されるセキュリティ機能によって、堅牢性を高められるとしている。

 Q.radの本体サイズは650×150×625mm(幅×奥行き×高さ)、重量は27kg。

PC Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)13時11分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。