YASHICA、往年の「エレクトロ35」をデジタルで復活

PC Watch 2017年10月11日(水)16時27分配信
YASHICA、往年の「エレクトロ35」をデジタルで復活 digiFilm Camera Y35
digiFilm Camera Y35

 “ヤシカ”(YASHICA)をご存知だろうか。1949年に創業した日本のカメラメーカーだが、1975年に経営破綻し、1983年に京セラ<6971>が吸収合併した。しかし京セラ<6971>は2007年に光学事業を撤退させ、商標権を香港のJNCデイタム・テック・インターナショナルに売り払った。

 以降、エグゼモードやジェネシスホールディングスがこのブランドを日本で取り扱ってきたのだが、このたび、クラウドファンディングのKickstarterで“本格的”な復活を遂げるようだ。

 YASHICAがKickstarterで発表したこのプロジェクトは、世界初の「digiFilm」システムを採用したカメラ「digiFilm Camera Y35」。カメラの筐体は、世界で初めて電動自動シャッターを採用した「エレクトロ35」の筐体を忠実に再現した、レトロ感あふれるものとなっている。

 また、背面の裏蓋を開け、「digiFilm」と呼ばれる独自のカートリッジを装着し、巻き上げレバーを動作させてから撮影するという、フィルムカメラさながらの操作感もデジタルで実現している。

 この「digiFilm」には、実際のセンサーやフィルムが入っているわけではなく、異なる撮影スタイルやシーンに合わせて最適な画像を撮影するコントロールユニットとなっている。発売時ではISO 1600高感度、ISO 400のモノクロ、ISO 200のウルトラファイン、そしてISO 200で120(6x6)フォーマットの4種類のカートリッジが用意されている。

 レンズは35mm/f2.8の単焦点で、フォーカスは1m~無限遠。1,400万画素の1/3.2インチのCMOSセンサーを搭載し、ビューファインダーも搭載。シャッタースピードは1秒、1/30秒、1/60秒、1/250秒、1/500秒の5段階から選択できる。撮影した写真はSDカードに保存でき、Micro USBでPCに転送できる。

 電源は単3形×2。本体サイズは100×28×64mm(幅×奥行き×高さ)で、レンズやスイッチを含めると110×55×70mm(同)となる。

 なお、プロジェクトの創設はYASHICAとされているのだが、標準の取引通貨が香港ドルで表示されていることから、JNCデイタム・テック・インターナショナルが引き続き展開しているようだ。製品を入手するための最小投資額は124ドルからとなっている。

PC Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月11日(水)16時27分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。