Oculus、単体で動作するVRヘッドセット「Oculus Go」を2018年に投入へ ~Riftは399ドルに値下げへ

PC Watch 2017年10月12日(木)12時10分配信
Oculus、単体で動作するVRヘッドセット「Oculus Go」を2018年に投入へ Oculus Go
Oculus Go

 Oculusは11日(米国時間)、サンノゼで開かれているプライベートイベント「Oculus Connect」にて、新しいVRヘッドセット「Oculus Go」を発表した。2018年の早い時期の投入が予定されており、米国での価格は199ドル。

 Oculus Goは同社として初めてスタンドアロンで動作するVRヘッドセットとなる。単体での位置トラッキングや、コントローラのトラッキングなども実現する。

 このほか、Oculus Connectでは、完全な自由度を実現する「Project Santa Cruz」のアップデート、Riftの399ドルへの価格改定、ビジネス向けの「Oculus for Business」の投入、Oculusプラットフォーム上で2,000を超えるVRアプリが提供されたことなどが発表された。

PC Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月12日(木)12時10分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。