WDのサーバー向け12TB HDD「WD Gold」が国内販売

PC Watch 2017年10月12日(木)11時34分配信
WDのサーバー向け12TB HDD「WD Gold」が国内販売 WD121KRYZ
WD121KRYZ

 テックウインド株式会社は、Western Digitalのサーバー向けHDD「WD Gold」の12TBモデル「WD121KRYZ」を13日に国内販売開始する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は69,800円前後の見込み。

 9月にすでに10月の国内投入が予告されていたが、改めて詳細が明らかとなった。WD121KRYZでは独自のHelioSeal技術を採用しており、空気より密度の低いヘリウムを封入することで、空気抵抗を減らし、8枚プラッタの内蔵を実現。大容量化と電力効率化を実現した。

 WDラインナップのなかでもっとも高いワークロード性能を実現しており、1年間あたり最大550TBのデータが処理できる。また、MTBFは250万時間を実現している。

 インターフェイスはSATA 6Gbpsで、回転数は7,200rpm、データ転送レートは255MB/s、キャッシュは256MB。保証期間は5年。

PC Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月12日(木)11時34分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。