ランサムウェアの遭遇率が最も低いのは日本 ~Microsoftの調査で明らかに

PC Watch 2017年10月13日(金)14時10分配信
ランサムウェアの遭遇率が最も低いのは日本

 日本マイクロソフト株式会社は、2017年上半期を対象とした「セキュリティインテリジェントレポート(SIR)」第22版についての概要を公開した。

 SIRは米Microsoftが年2回発行しているもので、第22版は8月24日に公開されている。それによると、アジア21カ国の中で、ランサムウェアの遭遇率が最も低いのは日本だったという。

 アジア圏では遭遇率の高い順にバングラデシュ、パキスタン、カンボジアがトップ3に並び、12位に中国、15位に台湾、16位に韓国などが並んでいる。

 日本の遭遇率は0.012%で(米国で0.02%)、世界のどの国と比較しても圧倒的に低いという。

 一方、欧州は世界でも遭遇率が特に高く、チェコ共和国(0.17%)、イタリア(0.14%)、ハンガリー(0.14%)、スペイン(0.14%)、ルーマニア(0.13%)、クロアチア(0.13%)、ギリシャ(0.12%)などでは、世界平均よりも高い値を記録している。

PC Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月13日(金)14時10分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。