帯広市とイオン株式会社の「包括連携協定」締結について

PR TIMES 2017年10月13日(金)11時11分配信
10月13日(金)、帯広市(市長:米沢則寿)とイオン<8267>株式会社(本社:千葉市、代表執行役社長:岡田元也/以下「イオン<8267>」)は、地域の一層の活性化及び市民サービスの向上を図るため、「包括連携協定」を締結しました。 本協定に基づき、帯広市とイオン<8267>は、「地域経済の活性化」、「観光振興」、「文化・芸術・スポーツ振興」に関することなど、計9項目においてより緊密な連携を図ってまいります。 本協定の取り組みの一環として、イオン<8267>は本日より「ご当地WAON」として「とかち帯広WAON」を発行しました。カードの表面は、十勝スイーツや迫力あふれる花火大会、そして世界で唯一、帯広でしか見られない“ばんえい競馬”をデザインし表現しています。 「ご当地WAON」は、イオン<8267>の電子マネー「WAON」の一種で、地域社会に貢献するという企業理念に基づき、2009年に発行を開始したものです。 このたび発行する「とかち帯広WAON」を全国約35万箇所の「WAON」加盟店でご利用いただくと、そのお支払い金額の一部をイオン<8267>が帯広市に寄付し、帯広市の子育て支援と、教育環境や動物園の充実にお役立ていただきます。 本協定を機に、帯広市とイオン<8267>はこれまで以上に連携し、地域の活性化や市民の皆さまへの新しいサービスの創出に連携して取り組んでまいります。 【包括連携協定の概要】 (1)地域経済の活性化に関すること (2)観光振興に関すること (3)文化・芸術・スポーツ振興に関すること (4)安心して生活できるまちづくりに関すること (5)環境保全・リサイクルに関すること (6)健康でやすらぎのあるまちづくりに関すること (7)未来を担う人材の育成に関すること (8)高齢者・障害者支援に関すること (9)市民サービスの向上に関すること 以上
PR TIMES
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月13日(金)11時11分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。