デルタ航空、個室型ビジネスクラス搭載のエアバス A350-900型機内部公開 全席個室「デルタ・ワン スイート」と、同社初のプレエコ「デルタ・プレミアムセレクト」

トラベル Watch 2017年09月15日(金)10時26分配信
2017年9月14日 実施

デルタ航空がA350-900型機の内部を公開

 デルタ航空は、10月30日にデトロイト~成田線に投入するエアバス A350-900型機の機内を報道公開した。この機材では全席個室型のビジネスクラス「デルタ・ワン スイート」を32席、同社初のプレミアムエコノミークラス「デルタ・プレミアムセレクト」を48席、エコノミークラス「メインキャビン」を226席設ける。全306席。

 なお、同社の上級会員がメインキャビンから無償アップグレードできることでも知られる従来の「デルタ・コンフォートプラス」は、あくまでエコノミークラスの延長線上にあるもので、デルタ・プレミアムセレクトは明確に料金区分が異なるという。

機内は格納庫で披露された。9月15日には再び日本を発つ予定とのこと

個室型のビジネスクラス「デルタ・ワン スイート」

 デルタ・ワン スイートは、引き戸を閉めることで高いプライバシーを確保できる居室になっており、全席が通路に面した作り。通路に挟まれた中央のシートも可動式のディバイダが用意されているため、空の上では周囲の視線をほぼ遮断できる。また、中央のオーバーヘッドコンパートメント(手荷物収納棚)をなくすことで開放感のあるキャビンを実現している。

 シートは手元のコンソールパネルで無段階調節が可能で、最も倒した状態はフルフラット。シートの周囲にはヘッドフォン(ノイズキャンセリング)や靴の収納、小物を置くスペースがふんだんに設けられている。機内エンタテイメントのモニターは18インチ。

ビジネスクラスのキャビン
中央にオーバーヘッドコンパートメントがないことですっきりと開放感がある
後方から見た様子
シート
黒を基調に落ち着いたブルーとレッド<3350>の配色。パーティションに囲まれているため、引き戸が開いた状態でも十分個室感がある
個人用のモニターは18インチ
ヘッドフォンフックの下にはコンセント、USBポート、ヘッドフォンジャック
リクライニング
軽く倒した状態。くつろいで映画を観るときなどに
フルフラット状態をさまざまな角度から
フルフラット時は上面のパネルに手が届かないので、いくつかのボタンが独立して用意してある
足下は余裕を持って伸ばせる
パーティションとドア
引き戸を閉めると高いプライバシーを確保できる
引き戸は閉めるとロックされるため、機内の揺れなどで簡単に開いたりはしない
中央の2つのシートはスライド式のディバイダで遮断可能
照明モード
キャビンはLED照明でさまざまな色合いに変化する。時差ボケを防ぐ意味合いもある
アメニティ
TUMIのアメニティキット
ノイズキャンセリングヘッドフォン
ウェスティンホテルが手がけた寝具
おなじく枕。手前はスリッパ

同社初のプレミアムエコノミークラス「デルタ・プレミアムセレクト」

 シート幅は約48.3cm、シートピッチは最大約96.5cmという「デルタ・プレミアムセレクト」。同社初のプレミアムエコノミークラスで、優先チェックイン・優先搭乗サービスが受けられたり、一部のアメニティがビジネスクラスと共通になっていたりなど、エコノミークラスとは明確にキャビン区分が異なる。

プレミアムエコノミークラスのキャビン
シート配置は2-4-2。白く明るい天井でこちらも開放感がある
シート
カラーリングはビジネスクラスと共通。十分に高級感のある作りだ
モニターは13.3インチ
ワイヤードリモコン表
ワイヤードリモコン裏
ボタンの横に収納スペースとヘッドフォンジャック
リクライニング
可動式のヘッドレストとフットレスト
アメニティは一部ビジネスクラスと共通

エコノミークラス「メインキャビン」

226席あるエコノミークラスシート
ビルボード製イヤフォンと、スリッパ、アイマスク、耳栓などのアメニティが用意される
トラベル Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)10時26分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。