東武鉄道とマリオット、アジア初進出の若者向けホテル「ACホテル・バイ・マリオット東京銀座」2020年夏開業

トラベル Watch 2017年10月11日(水)12時28分配信
2020年夏 開業

東武鉄道とマリオット、アジア初進出の若者向けホテル「ACホテル・バイ・マリオット東京銀座」2020年夏開業 2020年夏に開業予定の「ACホテル・バイ・マリオット東京銀座」の外観イメージ
2020年夏に開業予定の「ACホテル・バイ・マリオット東京銀座」の外観イメージ

 東武鉄道<9001>とマリオット・インターナショナルは、アジア初進出となるライフスタイルホテル「ACホテル・バイ・マリオット東京銀座」を2020年夏に開業すると発表した。

 ACホテルは、スタイリッシュなデザインが特徴のアッパーミドルクラスのライフスタイルホテルブランドで、若者を中心としたビジネスやレジャー旅行者をターゲットにしている。

 2020年夏に開業予定のACホテル・バイ・マリオット東京銀座は、東京メトロ/都営地下鉄「東銀座」駅から徒歩3分、歌舞伎座<9661>や有名百貨店などの文化、商業施設も徒歩圏内というロケーション。客室は全296室で、5室のスイートルーム(約50~60m 2 )と169室(約30m 2 )/122室(約25m 2 )の広さの異なる2種類のスタンダードルームとなっている。

 客室以外にはACキッチン、ACラウンジ、ACバーなどのパブリックスペースのほか、フィットネスジム、会議室、最上階にエグゼクティブラウンジを設ける。

 同ホテルは、2007年に開業した「コートヤード・マリオット銀座東武ホテル」、弊誌記事でもお伝えしている2020年7月に開業予定の「ザ・リッツ・カールトン日光」に続き、東武<9001>グループとマリオットインターナショナルとの3軒目の提携ホテルとなり、運営は東武<9001>ホテルマネジメントが行なう。

ACホテル・バイ・マリオット東京銀座

開業時期: 2020年夏予定
所在地: 東京都中央区銀座6丁目14-6
敷地面積: 約12万m 2
延床面積: 約160万m 2
階数: 地下2階、地上15階
客室: 296室
付帯施設: レストラン、バー、フィットネスジム、会議室、エグゼクティブラウンジ

東武鉄道とマリオット、アジア初進出の若者向けホテル「ACホテル・バイ・マリオット東京銀座」2020年夏開業 建設予定地
建設予定地
トラベル Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月11日(水)12時28分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。