東急大井町線、11月4日から急行を6両から7両編成に順次変更、2018年春に新型車両6020系を導入 2018年3月のダイヤ改正で朝の急行を増発

トラベル Watch 2017年10月13日(金)13時11分配信
2017年11月4日以降順次変更

東急大井町線、11月4日から急行を6両から7両編成に順次変更、2018年春に新型車両6020系を導入 東急大井町線の7両編成への変更と、新型車両の導入を行なう。写真は7両化される急行専用車両の6000系
東急大井町線の7両編成への変更と、新型車両の導入を行なう。写真は7両化される急行専用車両の6000系

 東急電鉄(東京急行電鉄<9005>)は、11月4日以降大井町線の急行列車の運行を6両編成から7両編成に順次変更、2018年春に新型車両6020系を導入する。

 大井町線は2008年3月から6000系専用車両を使い急行運転を行なってきたが混雑率が上昇したため、混雑緩和と利便性向上を目的に、11月4日以降、急行列車を6両編成から7両編成に順次変更する。7両編成への移行完了は、2018年3月を予定している。

 また、2018年3月にダイヤ改正を行ない朝のラッシュ時間帯の運転パターンを変更。急行列車の本数を増やし、7両編成化と合わせて大井町線の混雑緩和を図る一方、日中は各駅停車を増発し、利便性向上を目指す。

 2018年春に導入する新型車両6020系は、田園都市線の新型車両「2020系」と同様、 車内にパナソニック<6752>の「nanoe(ナノイー)」方式の空気清浄機を設置、座席は背もたれの高いハイバック仕様を採用し、車内の快適性向上を図る。ドア上に配置するデジタルサイネージは、多言語案内を強化し、ニュースや天気予報などの情報サービスを提供する。

 また、ホーム上の安全対策として、 2019年度までに東横線、田園都市線、大井町線全64駅のホームドア整備を目指すとしている。2017年度の大井町線では、荏原町駅、九品仏駅でホームドア運用を予定している。

東急大井町線、11月4日から急行を6両から7両編成に順次変更、2018年春に新型車両6020系を導入 東急大井町線に2018年春に導入する予定の新型車両6020系のイメージ
東急大井町線に2018年春に導入する予定の新型車両6020系のイメージ
トラベル Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月13日(金)13時11分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。