鹿島、コマツ/新型トンネル掘削機開発/TBMとNATM、地質に応じ切替

日刊建設工業新聞 2017年10月11日(水)22時00分配信

 鹿島<1812>は11日、トンネル掘削で高速掘進が特長のトンネルボーリングマシン(TBM)と、地質が複雑な地山に柔軟に対応できるNATMの両方の優れた機能を搭載した新型掘削機「NATBM(ナトビーエム)掘削機」を開発したと発表した。硬質地山はTBM、軟弱な不良地山に遭遇するとNATMに切り替えて効率良く掘削し、低コストで工期短縮を実現する。  新潟県糸魚川市で施工する黒部川電力発注の「新姫川第六発電所新設工事のうち土木工事(II工区)」(工期=17年7月~22年10月)の導水路トンネル(TBM区間)に初適用する。トンネル外径は4750ミリ、延長3718メートルで、従来のTBMでは掘削が難しい亀裂の多い粘板岩や過大な変位が懸念される蛇紋岩など事前調査で不良地山の出現が予測される区間はNATMに切り替える。  マシン本体が伸び縮みするテレスコピック構造にしたことで、NATMへの切り替え時はマシンが3メートル程度後退し、前方に掘削作業のためのスペースを確保する。カッターヘッドを開口して内部に装備したバケット式掘削機を前面に出し、地山を掘削した後、支保工を構築しながら掘進する。  TBMからNATMへは1・5日で切り替えが可能。補助工法が減り、施工コスト全体の削減につながる。コマツ<6301>がマシン製作を担当する。19年5月に納入後、同7月~21年9月の約2年間の掘削に使う予定だ。  TBMは、1990年代に新東名高速道路や新名神高速道路の先進導坑の構築に多く使われてきたが、近年は減少傾向にある。国内の地層は均質な地層が多い欧米と異なり、地質が複雑で不良地山が介在。補助工法を導入すると2~3カ月掘削を停止するケースもあり、TBMの高速掘削のメリットを生かし切れないのが減少要因という。
日刊建設工業新聞
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月11日(水)22時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。