日立化成<4217>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2017年07月15日(土)17時48分配信
※この業績予想は2017年7月6日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

日立化成<4217>

3ヶ月後
予想株価
3,500円

日立<6501>グループの化学メーカー。リチウム電池向け負極材で世界トップ。17.3期は、メモリ向け採用拡大のダイボンディング材料と、車載向け出荷数量増加のリチウムイオン電池用負極材が業績を牽引。増収・増益に。

ダイボンディングフィルムやCMPスラリーなど半導体材料が改善。リチウムイオン電池用材料やプリント基板材料も成長し、18.3期、19.3期共に過去最高営業利益更新見込み。株価は高値安定から上値追いを想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/610,000/58,000/60,000/42,500/204.10/60.00
19.3連/F予/650,000/65,000/67,500/48,000/230.50/65.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/07/06
執筆者:YT
<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年07月15日(土)17時48分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】