NY金:反発で1227.50ドル、6月の米消費者物価指数下振れで追加利上げ観測が後退

フィスコ 2017年07月15日(土)09時40分配信
 金先物8月限は反発(COMEX金8月限終値:1227.50 ↑10.20)。1214.00ドルから
1232.70ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。6月消費者物価指数が予想を下振れ、追加利上げ観測が後退。為替市場では、ドルが主要通貨に対して売られたことから金は堅調推移となった。日足チャートでは、1200ドル水準から反発。25日移動平均線や200日移動平均線が位置する1240ドルを意識した格好となっている。 <MT>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年07月15日(土)09時40分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】