豊田通商<8015>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2017年07月15日(土)17時24分配信
※この業績予想は2017年7月5日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

豊田通商<8015>

3ヶ月後
予想株価
3,500円

トヨタ<7203>系唯一の総合商社。アフリカ向けエクスポージャーが高く、近年はトヨタ<7203>の海外生産拡大に伴い、海外サプライチェーン・マネジメント事業伸長。17.3期のガス開発・生産事業の特別損失237億円計上は単体のみ。

今期よりCFAOを含むアフリカ関連事業を統合も、資源価格下落でアフリカや資源国の回復に警戒感。19.3期~20.3期で約2000億円の投資を計画。IFRS導入で売上目減り。株価は調整一巡感強く、強含みか。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/5,800,000/175,000/185,000/110,000/312.60/78.00
19.3連/F予/6,000,000/178,000/195,000/114,000/324.00/80.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/07/05
執筆者:YT
<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年07月15日(土)17時24分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。