アサツーディ・ケイ<9747>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2017年07月15日(土)15時24分配信
※この業績予想は2017年7月7日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

アサツーディ・ケイ

3ヶ月後
予想株価
2,900円

広告業界で国内第3位。世界最大級のマーケティングコミュニケーショングループWPPと資本業務提携。テレビ広告のウェイトが5割弱。構造改革効果で欧米地域は黒字化。事業整理損なく、17.12期1Qは最終増益。

国内子会社はノンコア事業売却で赤字解消。2Q以降の堅調推移見込む。17.12期通期は2桁営業増益計画。欧米、アジア中心に収益性改善。株価は調整一巡感を意識したい水準。2Q以降の業績期待が株価を下支えへ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
17.12期連/F予/355,000/6,250/9,270/5,600/134.12/66.00
18.12期連/F予/360,000/6,700/9,800/5,800/138.91/70.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/07/07
執筆者:YK
<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年07月15日(土)15時24分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。