日本取引所グループ<8697>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2017年07月15日(土)17時39分配信
※この業績予想は2017年7月5日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

日本取引所グループ<8697>

3ヶ月後
予想株価
1,900円

東証で現物株式、大証で先物・デリバティブを運営。市場規模は世界第3位。17.3期4Qは、市場取引量低下の影響で取引関連収益や清算関連収益が低迷。システム関連費や人件費は減少し、営業利益は前年同期比横這い。

日経平均株価<.N225>2万円乗せが追い風。高速取引業者の登録制導入案やPTSの信用取引容認案など規制面の不透明感は継続。新たな自社株買い発表期待はある程度織り込み済みか。直近の株価上昇で過熱感台頭、短期調整も一考。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/112,000/60,000/61,500/42,500/78.60/48.00
19.3連/F予/115,000/61,500/63,000/44,000/80.10/48.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/07/05
執筆者:YT
<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年07月15日(土)17時39分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】