高松コンストラクショングループ<1762>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2017年07月15日(土)16時06分配信
※この業績予想は2017年7月7日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

高松コンストラクショングループ<1762>

3ヶ月後
予想株価
2,750円

高松建設と青木あすなろ建設<1865>を中核に、金剛組等も傘下に収める持株会社。建築、土木事業を主力に不動産事業なども展開。20.3期営業利益150億円目標。建築事業は完成工事高が好調。17.3期売上高は過去最高。

17年10月で創業100周年。建築事業、土木事業ともに受注堅調。18.3期は2桁増収を見込む。25%以上の配当性向を継続する方針。株価指標に割高感はないが、利益成長鈍化懸念が当面の株価の上値を抑制へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/240,000/13,400/13,400/7,400/190.33/53.00
19.3期連/F予/251,000/14,000/14,000/7,900/203.19/53.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/07/07
執筆者:YK
<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年07月15日(土)16時06分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】