ヤクルト本社<2267>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2017年07月15日(土)17時33分配信
※この業績予想は2017年7月5日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

ヤクルト本社<2267>

3ヶ月後
予想株価
7,700円

乳酸菌飲料国内最大手。食品、医薬品、化粧品も手掛け海外売上高41%。高齢施設入所者の感染症リスク低減に関し乳酸菌の飲用効果を確認。17.3期は営業減益も、国内飲料事業が過去12年での最高益を達成。

マーケティングを強化が奏功し、国内と中国の販売数量は急拡大。プロバイオティクス商品投入で大幅収益改善見通し。18.3期1Qは、業績好調で2ケタ増益視野。株価調整進み過熱感解消。目先リバウンド局面か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/398,000/40,000/50,000/30,500/184.40/34.00
19.3連/F予/415,000/45,500/53,500/33,700/203.80/36.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/07/05
執筆者:YT
<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年07月15日(土)17時33分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。