王子ホールディングス<3861>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2017年07月16日(日)10時20分配信
※この業績予想は2017年7月7日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

王子ホールディングス<3861>

3ヶ月後
予想株価
580円

製紙業界国内最大手、世界でも第6位。日本国内で工場5カ所操業。17.3期は、国内が堅調もパルプ市況軟化の影響などから海外事業が苦戦。古紙価格上昇で原燃料価格安メリットが縮小。小幅ながら増収・減益に。

18.3期は市況好転によりパルプ事業の利益が改善。産業排水での効率的なカドミウム除去システムを開発し拡販に注力。会社計画は営業利益750億円と急伸想定。海外好転で業績下振れリスク少なく、株価は高値安定か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/1,500,000/75,000/64,000/37,000/37.40/10.00
19.3連/F予/1,500,000/78,000/73,000/39,000/39.50/10.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/07/07
執筆者:YT
<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年07月16日(日)10時20分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。