日本エム・ディ・エム<7600>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2017年07月16日(日)13時10分配信
※この業績予想は2017年7月7日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

日本エム・ディ・エム<7600>

3ヶ月後
予想株価
1,100円

整形外科領域を中心に商社機能と開発主導型メーカー機能を融合した事業展開進める。人工膝関節が中核製品。17.3期は円高で海外売上の円換算伸び悩むも人工関節分野伸長し増収。利益は販管費率改善で2桁増益。

18.3期は過去最高売上高目指す。人工股関節慢性疾患分野へ本格参入。米国は東西エリアで高成長継続。19.3期も7%程度の売上高成長を見込む。新製品の研究開発投資積極化。株価は大台超えて上昇が続く。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/14,800/2,200/2,100/1,300/49.19/8.00
19.3期連/F予/15,800/2,400/2,300/1,400/53.03/8.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/07/07
執筆者:HY
<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年07月16日(日)13時10分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】