クオール<3034>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2017年07月16日(日)11時40分配信
※この業績予想は2017年7月8日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

クオール<3034>

3ヶ月後
予想株価
1,750円

調剤薬局を全国展開、17.3期末で調剤薬局売店を696店舗運営。ローソン<2651>との併設店舗は24時間対応、JR西日本<9021>との提携で駅構内にも進出。17.3期は薬価・診療報酬改定の影響で、処方箋単価が8.2%低下。

18.3期は薬価・調剤報酬改定の影響一巡。買収薬局の業績寄与も利益押し上げ。医療機関と連携した健康サポート薬局や地域住民へのセルフメディケーション推進も注力。株価は調整進展で、持ち直しの動きを想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/145,000/7,500/7,500/4,400/134.70/24.00
19.3連/F予/150,000/8,000/8,000/4,600/140.80/27.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/07/08
執筆者:YT
<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年07月16日(日)11時40分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。