東洋炭素<5310>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2017年07月16日(日)19時10分配信
※この業績予想は2017年7月12日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

東洋炭素<5310>

3ヶ月後
予想株価
2,000円

日本初の等方性黒鉛の開発に成功した炭素製品メーカー。等方性黒鉛生産は世界シェア3割、日本シェア5割でトップ。17.12期1Qは大幅営業増益。通期でも売上高310億円、営業利益15億円と大幅増収増益を計画。

18.3期の為替前提は1ドル=105円で保守的。業績見通しもやや控えめに策定か。特殊黒鉛製品は需要回復限定的も固定費削減を継続。炭素繊維複合材は新規開拓に道筋。株価は、レンジ上限の2000円処を意識か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
17.12連/F予/32,000/1,600/1,700/1,600/77.20/25.00
18.12連/F予/31,000/1,600/1,700/1,200/57.90/25.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/07/12
執筆者:YT
<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年07月16日(日)19時10分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。