前田工繊<7821>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2017年07月17日(月)21時00分配信
※この業績予想は2017年7月14日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

前田工繊<7821>

3ヶ月後
予想株価
1,600円

建築・土木資材、産業用資材を供給。盛土補強・軟弱地盤安定材などが主力。自動車用ホイールも。M&Aや海外展開が重要施策。ソーシャルインフラ事業が堅調。ベトナムは取扱製品拡充が奏功。17.9期2Qは増収増益。

災害復興関連製品は堅調。スパンボンドは受注好調。獣害対策の大型案件獲得。17.9期通期業績には計画上振れ余地。株価上昇で業績期待は織り込み済み。株価指標面の上値余地は乏しく、今後の株価は上げ渋る展開か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
17.9期連/F予/31,000/4,120/4,120/3,050/94.61/16.00
18.9期連/F予/33,000/4,400/4,400/3,250/100.82/16.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/07/14
執筆者:YK
<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年07月17日(月)21時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】