シード平和<1739>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2017年07月17日(月)15時06分配信
※この業績予想は2017年7月12日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

シード平和<1739>

3ヶ月後
予想株価
1,400円

建設事業や不動産事業、不動産賃貸管理事業などを展開。京都・滋賀中心。三栄建築設計<3228>グループ。ホテル事業に参入。19.6期営業利益17億円目標。分譲マンション事業は販売件数増加。17.6期3Qは2桁増収増益。

不動産事業、戸建分譲事業は物件引渡しが期末に集中する傾向。17.6期通期は計画据え置き。18.6期は増収増益か。PBRの上値余地は限定的だが、ホテル事業の拡大期待が株価の上昇要因。当面の株価は強含みか。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
17.6期単/F予/15,000/1,015/900/640/198.33/2.50
18.6期単/F予/17,000/1,200/1,100/750/232.41/2.50
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/07/12
執筆者:YK
<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年07月17日(月)15時06分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。