本州化学工業<4115>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2017年07月17日(月)09時12分配信
※この業績予想は2017年7月11日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

本州化学工業<4115>

3ヶ月後
予想株価
970円

クレゾール誘導品、フォトレジスト材料、ビフェノール、特殊ビスフェノール及びビスフェノールFなど化学品の製造販売を手掛ける。20.3期営業利益40億円目標。ビフェノールは収益好調。17.3期は2桁最終増益。

電子材料は中国スマホメーカー向け需要が堅調。FPD市場は市況回復。18.3期は増収見通し。PBR1倍割れで、株価には水準訂正余地。当面の株価は見直し先行を想定だが、1000円の大台突破には材料不足感。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/18,500/2,100/2,000/1,000/86.96/26.00
19.3期連/F予/19,300/2,250/2,150/1,150/100.00/26.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/07/11
執筆者:YK
<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年07月17日(月)09時12分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。