キクカワエンタープライズ<6346>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2017年07月17日(月)16時00分配信
※この業績予想は2017年7月13日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

キクカワエンタープライズ<6346>

3ヶ月後
予想株価
280円

日本初の製材・木工機械メーカー。現在は金属加工機、プリント配線板加工設備など工作機械の製造も手掛ける。工作機械は航空機関連等が低迷。大型案件もあり木工機械は堅調。減損損失なく、17.3期は2桁最終増益。

バイオマス発電の拡大等が木工機械への追い風だが、18.3期は工作機械の苦戦が響く。航空機関連は低調続く。業績懸念で株価は調整含み。PBRは割安感が強く、株価の下値余地は限定的。今後の株価はもち合い想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期単/F予/4,000/200/250/200/15.15/5.00
19.3期単/F予/4,150/210/260/210/15.91/5.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/07/13
執筆者:YK
<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年07月17日(月)16時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】