ニッコー<5343>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2017年07月17日(月)18時00分配信
※この業績予想は2017年7月14日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

ニッコー<5343>

3ヶ月後
予想株価
145円

住設環境機器事業が主力。機能性セラミック商品事業、陶磁器事業なども展開。陶磁器メーカーとして創業。機能性セラミック商品事業は販売価格見直しが寄与。住設環境機器事業は収益好調。17.3期は黒字転換。

セラフィーユは車載センサー用商品等が好調。案件期ずれでシステムバスルームは持ち直す公算。18.3期は大幅な営業増益を見込む。好業績期待により循環物色が向かいやすく、今後の株価は緩やかな上昇基調継続か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/13,350/150/200/120/4.96/0.00
19.3期連/F予/13,650/180/230/150/6.21/0.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/07/14
執筆者:YK
<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年07月17日(月)18時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。