岡本硝子<7746>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2017年07月17日(月)17時36分配信
※この業績予想は2017年7月13日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

岡本硝子<7746>

3ヶ月後
予想株価
230円

光・ガラス分野における研究開発を行う特殊ガラス製品メーカー。蒸着技術に強み。光源用反射鏡向けコールドミラーで高シェア。光学事業は増益確保。操業度が向上。フリット、銀ミラーは売上増加。17.3期は黒字転換。

本社工場のガラス溶融炉1基を再稼働。フライアイレンズ需要に対応。18.3期は2桁営業増益見通し。フリットなど新規事業の売上増を見込む。株価は車載投影部材への期待感が先行。今後も短期物色主体の展開が継続へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/5,860/170/55/40/2.07/0.00
19.3期連/F予/6,100/180/65/50/2.59/0.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/07/13
執筆者:YK
<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年07月17日(月)17時36分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】