コスモエネルギーホールディングス<5021>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2017年08月11日(金)14時20分配信
※この業績予想は2017年8月3日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

コスモエネルギーホールディングス<5021>

3ヶ月後
予想株価
2,100円

石油元売り4位のコスモ石油が中核の持株会社。筆頭株主がアブダビ政府系投資会社でUAEとの関係深い。三愛石油傘下のキグナス石油と資本業務提携へ。アブダビ・ヘイル油田は17年半ばに生産開始。17.3期は黒転。

昭和シェル<5002>との四日市精油所での事業提携開始。稼働率が上向き石油の採算が改善へ。アブダビ・ヘイル油田も貢献開始。原油価格上昇も追い風。18.3期は在庫影響を除くと実質増益に。株価は年初来高値を目指すと想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/2,456,000/57,500/54,000/20,000/237.84/50.00
19.3連/F予/2,500,000/65,000/61,500/30,000/356.76/50.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/08/03
執筆者:JK
<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年08月11日(金)14時20分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】