東海東京フィナンシャル・ホールディングス<8616>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2017年08月11日(金)13時50分配信
※この業績予想は2017年8月3日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

東海東京フィナンシャル・ホールディングス<8616>

3ヶ月後
予想株価
680円

東海東京証券を中核とする持株会社。地銀と共同出資の証券会社を傘下に複数抱える。M&Aに前向き。昨秋にエース証券を持分会社化。今春には高木証券<8625>を完全子会社化。18.3期1Qは市況好転を追い風に大幅増収増益。

市況好転で委託手数料収入が増加。米国株のトレーディング損益も増える。高木証券上乗せ。合弁証券経由の金融商品販売増にも期待。18.3期は増収増益へ。増配か。負ののれん特益。株価は年初来高値突破目指すと想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/75,000/12,000/15,000/22,000/84.06/28.00
19.3連/F予/78,000/13,500/17,000/13,000/49.67/30.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/08/03
執筆者:JK
<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年08月11日(金)13時50分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】