東京応化工業<4186>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2017年08月11日(金)13時40分配信
※この業績予想は2017年8月3日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

東京応化工業<4186>

3ヶ月後
予想株価
4,000円

半導体やLCDの製造に使われる高機能化学薬品のフォトレジストが主力。関連装置も手掛ける。新事業創出をにらみ研究開発棟を新設へ。中計では18.12期に営業益150億円が目標。17.12期1Qは大幅増収増益。

17.12期は決算期変更に伴う9カ月変則決算。半導体用フォトレジストの最先端製品がアジア向けに好調。高純度薬品もアジア向けが伸びる。17.12期は会社計画を上回ると予想。配当維持。株価は堅調な展開を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
17.12連/F予/89,000/8,800/9,000/5,100/116.96/64.00
18.12連/F予/100,000/13,000/13,200/7,300/167.42/66.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/08/03
執筆者:JK
<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年08月11日(金)13時40分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】