欧州為替:ドル・円は弱含み、欧州株安、米長期金利は低下

フィスコ 2017年08月11日(金)18時09分配信
 ドル・円はやや値を下げる展開となり、足元は108円90銭台で推移。欧州株が全面安となるなか、米国10年債利回りが2.18%台まで低下し、ドル売り・円買いが強まり、本日のアジア安値と同水準の108円91銭まで下落した。ユーロ・円は128円07銭まで下落した。

 ここまでのドル・円の取引レンジは108円91銭から109円14銭。ユーロ・円は128円07銭から128円28銭、ユーロ・ドルは1.1751ドルから1.1765ドルで推移。

<KK>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年08月11日(金)18時09分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】