日本光電工業<6849>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2017年08月11日(金)12時00分配信
※この業績予想は2017年8月3日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

日本光電工業

3ヶ月後
予想株価
3,000円

医療用電子機器メーカー。脳波計や生体情報モニタ、AED(自動体外式除細動器)などが主力。自社製品を強化。中計では20.3期に営業利益200億円目指す。配当性向30%以上目安。18.3期1Qは経常益が黒転。

国内は営業組織再編効果で販売堅調。海外は生体情報モニタの品揃え拡充などで米国やアジアが伸びる。償却費増などをこなし、18.3期は増収増益へ。為替差益は見込まず。業績復調を材料に株価は回復基調が続くと想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/175,000/15,000/15,000/10,200/119.08/35.00
19.3連/F予/185,000/16,500/16,500/10,900/127.25/38.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/08/03
執筆者:JK
<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年08月11日(金)12時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】