中央魚類<8030>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2017年08月12日(土)12時30分配信
※この業績予想は2017年8月5日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

中央魚類<8030>

3ヶ月後
予想株価
290円

水産物卸売大手で取扱高築地トップ。国内各地の港町からアジ、ブリ、ヒラメ等圧倒的な物量で対応。18.3期1Qは増収も、集荷販売費や一般管理費等の増加が響き営業減益。通期純利益は大幅増の5.4億円を計画。

水産物卸は取扱量拡大も、魚価上昇で仕入れコスト増加。冷蔵倉庫は市川物流センターや厚木物流センターの稼働に加え、保管料の増加が寄与。価格帯別出来高では270円台での商い多く、下値抵抗力は強そう。保ち合いか。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/201,300/920/1,260/540/135.20/60.00
19.3連/F予/202,000/1,200/1,400/650/162.70/60.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/08/05
執筆者:YT
<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年08月12日(土)12時30分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】