【二十四孝】竹にすがり泣く親孝行の孟宗

フィスコ 2017年09月15日(金)10時50分配信
 中国三国時代、呉国に孟宗(もうそう)という親孝行の息子がいました。幼い頃に父を亡くし、高齢の母は重い病にかかっていました。彼は医者から、母に新鮮な筍のスープを作るようにと言われました。

 時は冬、筍は春にならないと生えてきません。なす術もなく、竹林に入った彼は、竹にすがって泣き出しました。すると大地が揺れ始め、地面がひび割れたかと思うと、数本の筍が生えてきました。

 大喜びした孟宗は新鮮な筍を家に持ち帰り、美味しい筍スープを母に飲ませました。すると、母の病気が治りました。

 村では孟宗の親孝行が天地を感動させ、真冬に筍が生えたのだと語り継がれました。

(翻訳編集・豊山)



【ニュース提供・大紀元】


<HT>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)10時50分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。