15日の日本国債市場概況:債券先物は150円96銭で終了

フィスコ 2017年09月15日(金)19時02分配信
<円債市場>
長期国債先物2017年12月限
寄付150円85銭 高値150円99銭 安値150円82銭 引け150円96銭
売買高総計31895枚

2年 380回 -0.150%
5年 133回 -0.125%
10年 348回  0.005%
20年 161回  0.545%

債券先物12月限は、150円85銭で取引を開始。北朝鮮のミサイル発射を受けてリスク回避ムードが強まったことや、日銀<8301>が実施した国債買い入れオペがしっかりとの見方から、買いが優勢になり、150円82銭から150円99銭まで上昇した。現物の取引では、全年限で買いが優勢になった。

<米国債概況>
2年債は1.38%、10年債は2.20%、30年債は2.77%近辺で推移。
債券利回りはほぼ上昇。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は0.43%、英国債は1.29%で推移、オーストラリア10年債は2.74%、NZ10年債は2.92%。(気配値)

[本日の主要政治・経済イベント]
・21:30 米・8月小売売上高(前月比予想:+0.1%、7月:+0.6%)
・21:30 米・9月NY連銀製造業景気指数(予想:18.0、8月:25.2)
・22:15 米・8月鉱工業生産(前月比予想:+0.1%、7月:+0.2%)
・22:15 米・8月設備稼働率(予想:76.7%、7月:76.7%)
・23:00 米・9月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値(予想:95.0、8月:96.8)
・23:00 米・7月企業在庫(前月比予想+0.2%、6月:+0.5%)
・ユーロ圏財務相会合

<KK>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)19時02分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。