10時00分時点の日経平均は36.88円高の19844.32円、円安進行を好感

フィスコ 2017年09月15日(金)10時13分配信
10時00分時点の日経平均株価<.N225>は前日比36.88円高の19844.32円。朝方に北朝鮮によるミサイル発射が伝わっており、円相場が一時1ドル=109円台に上昇するなど市場にも懸念が広がったが、直後に円相場は1ドル=110円台へと値を戻した。現時点で朝方よりさらに円安に振れて推移している。北朝鮮情勢への反応は限定的となっており、本日の東京市場は売り先行後にプラスに転換し、現在はやや上げ幅を広げて推移している。

為替市場では、ドルは110円18銭台で推移。

売買代金上位では、任天堂<7974>トヨタ<7203>自、三菱UFJ、東京エレクトロン<8035>キーエンス<6861>ソニー<6758>が堅調。一方で、三井住友FG<8316>ソフトバンク<9984>G、KDDI<9433>パナソニック<6752>は軟調。

<HT>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)10時13分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。