今日の日経平均はこうなる~19700-19900円のレンジを想定

フィスコ 2017年09月15日(金)09時14分配信
【小幅安となる】19700-19900円のレンジを想定=村瀬 智一

14日のNY市場はまちまち。8月消費者物価指数の上昇を受けて、追加利上げ観測が高まり売りが先行。ダウは最高値を更新したものの、北朝鮮の地政学リスクへの警戒感から上値の重い展開となった。ダウ平均は45.30ドル高の22203.48、ナスダックは31.10ポイント安の6429.08。シカゴ日経225先物清算値は大阪比45円高の19735円。

政府は、緊急情報ネットワークシステムで情報を発信し、「北朝鮮から発射されたミサイルは、午前7時6分ごろ北海道地方から太平洋へ通過した模様。」と伝えた。この影響から売りが先行することになろうが、昨日の段階で兆候がみられていたこともあり、波乱の展開にはならないだろう。

昨日の日経平均株価<.N225>は一時19900円を回復する場面もみられたが、前日までの上昇でいったんは達成感のほか、短期的な過熱感が意識される水準であり、想定内の一服といったところ。ボリンジャーバンドでは+2σを挟んでのこう着であり、今後、バンドが上向きに転じてくるなか、日柄調整で過熱感を冷ましたいところである。

一目均衡表では雲のねじれに接近しており、雲突破まであと僅かにせまっている。遅行スパンは上方シグナルを継続させている。雲は19908-19944円辺りに位置しており、この雲の突破は厳しいだろうが、来週には雲のねじれにより19822-19902円辺りに切り下がってくる。これが上値抵抗なるのか、若しくは一気に突破してきるかが今後注目される。19700-19900円のレンジを想定。


<HT>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)09時14分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。