任天堂、三菱マ◆今日のフィスコ注目銘柄◆

フィスコ 2017年09月15日(金)09時18分配信
任天堂<7974>
足元でリバウンド基調が強まってきているが、直近戻り高値水準で強弱感が対立しているようである。ただし、一目均衡表では雲を上放れているほか、遅行スパンは戻り高値を通過してくるため、上方シグナル発生が近づいている。来週には東京ゲームショウ2017が開催される。同社は不参加であるが、ソフトメーカーによるスイッチ向けソフト等への思惑もあり、思惑が高まりやすいだろう。


三菱マ<5711>
1月高値とのダブルトップ形成後はこう着の中、やや利食いの動きがみられている。しかし、上昇する25日線が支持線として機能しており、同線までの調整によって押し目拾いのスタンスになりそうだ。週間形状では上昇する13週線を支持線とした強いリバウンド基調が継続している。長期視点では、月足の一目均衡表では雲上限に接近しており、4150円辺りを超えてくると、一段の上昇が意識されてきそうだ。


<HT>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)09時18分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。