欧州為替:ドル・円は111円台に強含み、ポンド・円急進

フィスコ 2017年09月15日(金)19時17分配信
 ドル・円は強含み、節目の111円を上抜けるとストップロスを巻き込み、一時111円32銭まで値を切り上げた。英中銀の年内利上げ観測の急浮上によりポンドが買われ、ポンド・ドルが1.3429ドルから1.3592ドルまで上昇、ポンド・円が148円65銭から151円18銭まで上昇しており、ドル・円も連れ高になっている。

 ここまでのドル・円は110円66銭から111円32銭。ユーロ・円は131円88銭から132円92銭、ユーロ・ドルは1.1923ドルから1.1956ドルで推移。

<KK>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)19時17分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。