英ポンド週間見通し:底堅い動きか、8月英小売売上高が手掛かり材料に

フィスコ 2017年09月16日(土)14時43分配信
■大幅高、年内利上げの可能性高まる

先週のポンド・円は大幅高となった。英中央銀行は14日に金融政策の現状維持を決定したが、英中央銀行は「経済成長、インフレ圧力上昇が続けば、今後数カ月に利上げを実施する必要」「過半数は向こう数カ月で金融緩和策の削減見込む」との見解を表明したことがポンド高の要因。米ドル・円相場が円安方向に振れたことも影響した。取引レンジ:142円54銭-151円55銭。

■底堅い動きか、8月英小売売上高が手掛かり材料に

今週のポンド・円は底堅い動きとなりそうだ。13-14日に開催された英中銀金融政策委員会(MPC)により早期利上げ期待が高まり、リスク選好のポンド買いは継続する可能性がある。8月小売売上高など経済指標などに反応する見通し。

・20日:8月小売売上高(前月比予想:+0.2%、7月:+0.3%)

予想レンジ:149円00銭−153円00銭


<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月16日(土)14時43分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。