マツダ<7261>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2017年09月16日(土)17時55分配信
※この業績予想は2017年9月11日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

マツダ<7261>

3ヶ月後
予想株価
1,600円

国内自動車メーカー。トヨタ<7203>と業務資本提携。SKYACTIV技術を梃子に構造改革推進。デザイン性に高評価。新型「マツダ<7261> CX-5」はグローバル販売が本格化。中国は販売好調。18.3期1Qは2桁経常増益。

国内向けは「デミオ」が販売モメンタム改善に貢献。北米はセダン系車種の販売が減少。18.3期通期は2桁営業増益を見込む。業績面の評価余地は乏しいが、PBRは1倍割れの水準。今後の株価は底堅い展開を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/3,355,000/155,000/168,000/105,000/175.64/35.00
19.3期連/F予/3,440,000/170,000/183,000/113,000/189.02/35.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/09/11
執筆者:YK
<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月16日(土)17時55分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。