日鉄住金物産<9810>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2017年09月16日(土)16時45分配信
※この業績予想は2017年9月11日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

日鉄住金物産<9810>

3ヶ月後
予想株価
6,000円

鉄鋼が主力の新日鉄住金系専門商社。13年に日鉄商事と住金物産が合併して誕生。鉄鋼に加え産業機械・インフラ、繊維、食糧を展開。産業機械・インフラは炭素繊維や海外の工業団地運営、電力事業等の成長分野を含む。

18.3期1Qは繊維や食糧事業は苦戦したが、鋼材需要が国内外ともに堅調に推移、非鉄市況も上昇し増収増益。通期は世界的な景気回復傾向による鋼材需要増加を見込み、増収増益予想。株価は上伸基調継続する見通し。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/2,000,000/32,500/33,000/19,500/630.82/180.00
19.3期連/F予/2,050,000/33,000/33,500/19,800/640.51/180.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/09/11
執筆者:NI
<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月16日(土)16時45分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。