大東建託<1878>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2017年09月16日(土)19時10分配信
※この業績予想は2017年9月11日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

大東建託<1878>

3ヶ月後
予想株価
20,000円

土地活用・建物賃貸事業の総合支援企業。賃貸住宅管理戸数、賃貸仲介件数で業界トップ。賃貸経営受託システムが特長。配当性向は50%目標。不動産事業は収益好調。一括借上物件が増加。18.3期1Qは2桁増益。

17年6月末の居住用入居率は96.3%。不動産事業は家賃収入が増加。建設事業では完成工事高が2桁増。18.3期通期は増収増益を見込む。1Q業績は好材料。PERには上値余地があり、今後の株価は強含み想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/1,585,000/125,000/129,000/86,500/1,139.67/559.00
19.3期連/F予/1,645,000/129,000/133,000/90,000/1,185.78/592.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/09/11
執筆者:YK
<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月16日(土)19時10分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。