東洋製罐グループホールディングス<5901>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2017年09月17日(日)05時40分配信
※この業績予想は2017年9月13日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

東洋製罐グループホールディングス<5901>

3ヶ月後
予想株価
2,000円

国内最大手の容器包装メーカー。缶、ペットボトル、ガラスびんなどで国内トップシェア。車載用二次電池向け電池材なども手掛ける。業績は上期偏重。鋼板関連事業が好調。為替差益計上。18.3期1Qは2桁経常増益。

アルコール飲料用空缶は販売増。ベアリングシール材が堅調。車載用二次電池向け電池材も好調。18.3期通期は2桁最終増益見通し。PBRは1倍を大きく割り込む水準。水準訂正により今後の株価はボックス圏上放れへ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/790,000/29,500/30,500/15,200/74.93/14.00
19.3期連/F予/805,000/31,500/32,500/16,200/79.86/14.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/09/13
執筆者:YK
<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月17日(日)05時40分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。