SDエンターテイメント<4650>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2017年09月17日(日)09時10分配信
※この業績予想は2017年9月14日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

SDエンターテイメント<4650>

3ヶ月後
予想株価
1,300円

ゲームやボウリング、フィットネスなどエンタメ施設を運営。北海道地盤。RIZAPグループ<2928>傘下。フィットネス事業も。シネマ部門は入場者数が増加。その他事業は認可外保育等が売上寄与。18.3期1Qは小幅増収。

プライズゲームジャンルは新型クレーンゲーム機の大量導入が奏功。18.3期通期は大幅増益を見込む。シネマ部門は堅調続く公算。今後の損益改善期待が株価を下支え。RIZAP<2928>関連として人気化する場面も想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/8,600/450/300/200/22.34/6.70
19.3期連/F予/8,850/480/330/220/24.57/7.30
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/09/14
執筆者:YK
<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月17日(日)09時10分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。