電源開発<9513>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2017年09月17日(日)02時10分配信
※この業績予想は2017年9月13日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

電源開発

3ヶ月後
予想株価
3,100円

全国の電力会社等に電力供給。水力発電所、石炭火力発電所の建設、運転を行う。風力発電所の建設等で国内トップレベルの実績。電力事業の水力は出水率が上昇。火力も発電所利用率が上昇。18.3期1Qは2桁増収。

販売電力量は堅調。18.3期通期は増収見通し。燃料費の増加や定期点検等修繕費が収益面の重し。業績面の評価余地は乏しいが、バリュエーション面は割安感が強い水準。株価は引き続き水準訂正の動きが先行へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/798,000/82,500/66,500/46,500/254.03/70.00
19.3期連/F予/806,000/84,000/68,000/47,500/259.49/70.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/09/13
執筆者:YK
<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月17日(日)02時10分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。