井村屋グループ<2209>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2017年09月17日(日)21時20分配信
※この業績予想は2017年9月14日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

井村屋グループ<2209>

3ヶ月後
予想株価
2,300円

「あずきバー」シリーズの冷菓と肉まん・あんまん類を主力とする食品会社。和菓子・洋菓子などの菓子類や「ゆであずき」等の食品を幅広く手掛け、調味料やレストラン事業にも展開する。18.1期3Qは増収で経常増益。

冷菓が主力製品のため、夏場の長雨が業績に及ぼした影響が気になるところ。ただ、全般的にみれば、主力製品が健闘し、新製品の投入も奏功。夏場の業績が下振れたとしても、一時的か。株価は下値固めから徐々に出直りへ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/43,000/1,300/1,350/900/75.40/22.00
19.3期連/F予/45,000/1,500/1,550/1,050/87.96/22.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/09/14
執筆者:HH
<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月17日(日)21時20分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。