千代田インテグレ<6915>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2017年09月17日(日)19時30分配信
※この業績予想は2017年9月13日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

千代田インテグレ<6915>

3ヶ月後
予想株価
2,400円

OA・AV・通信機器・自動車関連など各製品の機構部品・機能部品を手掛ける電子部品メーカー。軟性素材を自在加工する「ソフトプレス」が中核技術。中国・東南アジアの売上高比率が16.12期で7割。足下業績低調。

東南アジアでAV機器・通信機器等向け部品が順調に推移。しかし、中国事業が伸び悩み、日本でも事業環境は厳しい。17.12期は実質ベースでも減収減益か(16.12期は16ヵ月決算)。株価は揉み合い継続へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
17.12期連/F予/39,000/2,500/2,500/2,000/153.58/72.00
18.12期連/F予/43,000/3,000/3,000/2,500/192.01/72.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/09/13
執筆者:HH
<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月17日(日)19時30分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。