横河電機<6841>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2017年09月17日(日)11時30分配信
※この業績予想は2017年9月14日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

横河電機<6841>

3ヶ月後
予想株価
1,800円

国内最大手の計測・制御機器メーカー。グローバル戦略を強化。高品質製品やエンジニアリング能力等が強み。売上は2Q、4Qに偏重する傾向。計測事業は収益好調。固定資産売却益を計上。18.3期1Qは最終増益。

航機その他事業は損益改善。制御事業など各事業は受注堅調。海外ではアジアが売上増。18.3期通期は2桁営業増益見通し。株価指標に割高感はないが、業績面が株価の上値抑制要因。今後は戻り基調一服を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/400,000/36,000/35,500/27,000/101.05/30.00
19.3期連/F予/407,000/37,000/36,500/27,800/104.04/30.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/09/14
執筆者:YK
<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月17日(日)11時30分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。